私(代表 岸本)は大学の建築学科に入学し、
当り前のように建築家を志していました。

ところが、設計や施工だけに限らず、
企画や研究の分野でも活躍していた
大工棟梁 田中文男氏の存在を知り、

「そうか、建築の仕事は設計だけじゃないんだ」
という当り前の事に気がつきました。

「それならば大工仕事から覚えよう」

早速、田中文男氏を訪ね、
大工修行が始まりました。

学校では「よく考えよう」と教わりますが、
職人の世界では「考えるな」と怒られます。

考えるより先に動く。

2004年に個人事業を開始しました。
自身の責任で、考えてつくる事をはじめました。

2005年にLLP(有限責任事業組合)を
設立しました。

家づくりは一人ではできません。

得意不得意のある人間が集まって、
うまく歯車を合わせる
という事を考え始めました。

LLP:Limited Liability Partnership(有限責任事業組合)
専門的な能力を持つ人材の共同事業を振興するために、
有限責任事業組合制度が2005年に創設された。

2009年、工場を設立しました。
設計する事とつくる事は
切り離す事ができません。

自社で持つ工場はその象徴です。

2009年、
組織形態を株式会社に
変更しました。

ものづくりの精神を大切にしながら
人のくらしにまで創造力をふくらませていくために。

2012年、事業を「鯰組」と「なんてんcafe」という
二つの部門に分けました。